ディフェンセラでハリを戻すことは可能か?

クリスチャンディオールの美容液に真皮まで浸透する美容液があります。

 

多くの美容液や乳液は表皮のみにしか効きません。

 

カプセルに効果を閉じ込めて真皮まで浸透させることに成功しました。

 

1986年のことです。りぽぞーむ処方とも呼ばれています。

 

真皮にはコラーゲン、エスラチンが含まれます。

 

お肌の表情に関係していて伸縮します。

 

真皮の水分を保持してるのがヒアルロン酸です。

 

ヒアルロン酸を生み出すのが繊維芽細胞です。

 

これらが正常な状態に保たれていればお肌にハリが生まれます。

 

真皮はベッドのスプリングのようなもので、痛んでくるとガタガタになります。

 

見た目の印象はビジネスでも大事な要素です。

 

お肌がボロボロではとれる成約が取れなかったりします。

 

30代にもなってくると見た目年齢差に個体差が出てきます。

 

どう見ても20代にしか見えなかったりおじさん、おばさんになってたり。

 

肌年齢測定器で40代、50代、60代と診断されたり。

 

ディフェンセラでお肌の表面の水分を補えば。

 

ハリを戻せる可能性は思う存分にあります。




「飲む」次世代スキンケア<ディフェンセラ>

 

 

体調不良やちょっとした出来事でお肌が敏感になってしまうことがあります。

 

季節の変わり目や生理中などささいなことです。

 

混合肌、脂性肌、乾燥肌、どんな肌質でもなることがあります。

 

 

角質層によってお肌は守られています。

 

お肌が乾燥して水分や皮脂が少なくなるとお肌荒れの原因になります。

 

荒れた皮膚はお肌のターンオーバーがうまく機能していません。

さらにお肌の状態が悪くなる悪循環です。

 

正常なお肌は肌のバリア機能が保たれています。

 

ちょっとした刺激にも強いお肌になりたいですよね・

 

いち早く今の状況から卒業したいですよね。

 

敏感肌かアレルギーか判断がつきにくい場合はディフェンセラでは難しいです。

 

 

アレルギーやアトピーの場合は勝手が違ってきます。

化学繊維、洋服、金属、化粧品、洗剤、薬品など。